バイオマスエネルギーの燃料について

インポートへ依存する原油

最近の原油価格高騰および地球温暖化に対する関心の高まりを背景に、化石燃料を代替する燃料として注目集まつている。

枯渇が心配される化石燃料

では石油や石炭、天然ガスといった化石燃料はあとどのくらい利用することができるのでしょうか。

今後、新たな油田や鉱山が発見されたり、技術革新によってこの数字が変わっていく可能性はありますが、化石燃料がいつかは尽きてしまう「限りある資源」であることに変わりはありません。

急がれる地球温暖化対策

地球温暖化の主な原因であるCO2排出量の削減も大きな課題です。 近年、化石燃料の利用が急速に増大したことに伴い、CO2の排出量も大幅に増えています。 今後は新興国のエネルギー需要が急増し、それにともなう化石燃料の消費の増大が見込まれているなか、CO2排出量の削減は地球規模で実施すべき急務となっています。

京都議定書は、1997年12月に京都市の国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議、COP3)。温室効果ガスの削減をより容易にするための規定で、柔軟性措置とも呼ばれる。一般に、クリーン開発(CDM)、排出量取引(ET)、共同実施(JI)の3つのメカコズムを指すが、これに吸収源活動を含めることもある。

Ren21 Global Reportによると、経済と市場の影響で一次停滞した再生可能電力開発が、原子カと化石燃料依存による安全、経済、健康などへの影響の理由で2010年にふたたび活発になった。2010年に増えた発電能力の約半分、全発電能力の40%、バイオマスの再生可能発電が占めた。

 

画像一覧
連絡先詳細

お気軽にご連絡ください.

Head office:12F., No.120-31, Sec. 3, Zhongshan Rd., Zhonghe Dist., New Taipei City 23544, Taiwan (R.O.C.)
1 Factory:No.160, Renshou S. Rd., Gangshan Dist., Kaohsiung City 82053, Taiwan (R.O.C.)
2 Factory:No.19, Xierong Rd., Gangshan Dist., Kaohsiung City 82045, Taiwan (R.O.C.)
Tel:+886-2-8221 6877
Fax:+886-2-8221 6830
E-mail: fbs.cs@msa.hinet.net